スタジオ入りました

■先日2週間ぶりのスタジオに入りました。
前回途中で作成が止まっていた曲を進めました。
意外にすんなり(と言っていいのか判らないけど…)アレンジが出来まして、完成まで間近です。
RAGOUTの中では乗れ乗れな曲になったのでは?
自分自身も乗れ乗れベースを作んなきゃです。
ちょびっと難しいです。

残念ながら21日、本八幡3rd stageでは披露出来そうに無いですが、
半端なものをやる訳にはいきませんしね。
より良いものを『今月25日立川バベル』にて初披露(?)したいです。
なんとか間に合わせます。。

■そうそう前回の書き込みにて自分が好きといっていた曲、
ベースがふか~く歪んでいます。
曲中における狂っちゃってる感を出したくてですね、ファズを導入しました。
個人的にベースって曲の中の感情的な部分を表現できるパートだと思ってまして。。
そういった要素が大事になってくる曲だと思ったんですよね。
現在作成中の曲も重点はそこでして、各セクションでテンション感が変わるってのが良く再現出来れば大成功ですね。
ベースだけではなし得ない話でもあるんですが。。

■豆知識は……またエフェクターの話になります。
トゥルーバイパスって余り過信しない方がいいかもしれません。
バイパス時に回路から切り離され信号が通りますが、やはりパーツを幾つか通っている以上劣化はします。
シールドの長さで音質が変わるのと一緒ですね。
トゥルーバイパス(機械式スイッチでバッファーを通らないもの)も幾つか持ってますが大体のものがハイ落ちがする印象です。
某国産ハンドメイドの歪みは結構ハイ落ちしちゃってループに組んだりしていました。
逆に電子スイッチのボスとかはローが削れる感じがします。
まぁ痩せる劣化するといっても出音が全てだと思うので、敏感になるとこでも無いとも思います。
掲示板で読んだことなので真偽は分かりませんが(ソースはあった)ボスのバイパス時の音質の変化は
音量が下がっているだけのようです。
要はボリュームを弄れば解決してしまうレベルの変化だそうで、
ポップノイズが無く、踏みやすいスイッチですので積極的に組み込めるエフェクターじゃないかと。
あとバイパス音を良くしたいとかバイパス時のノイズが気になった時は、
バッファーをボードの頭に接続すると解決するかも知れないです。
詳しいことはわかりません!(ちょっと忘れました。。)
それと電源も安定化されているものや、高電圧のものを使用する、電池を新品に変える等をすると電子スイッチのものはバイパスがクリアになります。

ほとんど受け売りなんですが許して下さい。。

21日来て下さいね!
HOTな夜です。
意外に早めの更新でした。